Lancard.com http://www.lancard.com/ Lancard.com 新着情報とスタッフブログのRSS(RSS 2.0) <![CDATA[funcphoneとダイヤル録音]]> http://www.lancard.com/blog/2017/07/24/funcphone%E3%81%A8%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E9%8C%B2%E9%9F%B3/ Mon, 24 Jul 2017 17:55:32 +0900 http://www.lancard.com/blog/?p=5047
ダイヤル録音アプレットは電話転送処理を、
funcphoneの音声案内を通して円滑に行う事ができるアプレットです

事前準備

今回、電話の受け取り側が電話を受け取れない場合は留守録へと案内されます
左メニュー「留守録案内メッセージ」より、案内メッセージを設定しましょう

設定してみる

  1. フロー編集画面を開きます
    転送先はユーザまたはグループを選択できるのですが、
    グループを指定した場合、所属するユーザが登録しているデバイスに着信がはいるので注意です
    発信者IDはどの電話番号にこのフローを実行させるのかを選択します
  2. 転送処理を行う前にユーザにメッセージを発信するか設定を行います
    今回は転送前にメッセージを流すよう設定を行っています
  3. 音声案内は「転送案内を配信者に行う」に設定しています
    転送先のユーザが電話を受け取った際にどこから電話がかかってきたのかを音声案内でお知らせしてくれます
    「○○さんへの着信です。受け取る場合には1を推してください→1を押す→会話開始」

    また『誰も応答応答しなかったら…』は、転送先のユーザが電話を受け取らなかった場合の処理を選択します
    『留守録』を選択しますとfuncphoneメニュー『留守録案内メッセージ』で設定したメッセージが読み上げられた後、
    発信者の留守録が開始されます

試してみる

  1. 管理画面を開いた状態で、
    電話機からフローを充てた電話番号に電話を開始すると、設定した転送案内が開始されます
  2. 電話を受け取る側は転送された着信を受け取ると『1ボタン』を押すよう、音声案内が流れます
  3. 受け取り側が『1ボタン』を押すと会話開始、受け取れなかった場合は掛けた側には電話が受け取れない受け取れない事を音声案内でお知らせします
Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail]]>
<![CDATA[funcphoneとSMSフロー(着信電話番号編)]]> http://www.lancard.com/blog/2017/07/10/funcphone%E3%81%A8sms%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%EF%BC%88%E7%9D%80%E4%BF%A1%E9%9B%BB%E8%A9%B1%E7%95%AA%E5%8F%B7%E7%B7%A8%EF%BC%89/ Mon, 10 Jul 2017 17:44:57 +0900 http://www.lancard.com/blog/?p=5034
着信番号アプレットは、着信番号によってメッセージの振り分けを行うことが出来るアプレットです

設定してみる

  1. アプレットをセットし、振り分けする電話番号を設定します
  2. 振り分ける電話番号に実行するアプレットと『上記以外の場合に行うアクション〜』にSMS返信アプレット設置します
  3. それぞれのSMS返信アプレットにメッセージを記入します
    ↓指定した電話番号宛

    ↓それ以外の電話番号宛

確認してみる

  1. 設定した電話番号宛にメッセージを送ります
    設定時間によって、返ってくるメッセージが違うことを確認してください

  2. ↓指定した電話番号(スマートフォン)から

  3. 指定した電話番号以外から
    funcphoneにてもう一つ米国番号を取得して確認してみました
  4. 受信箱を確認すると、正しくメッセージが受信されていることが確認できました
Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail]]>
<![CDATA[funcphoneとSMSフロー(スケジュールアプレット編)]]> http://www.lancard.com/blog/2017/07/07/funcphone%E3%81%A8sms%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%EF%BC%88%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E7%B7%A8%EF%BC%89/ Fri, 07 Jul 2017 17:55:23 +0900 http://www.lancard.com/blog/?p=5026
これもまた以前書きました「funcphoneを使った営業時間管理」で疲れているスケジュールアプレットのSMS版です

設定してみる

  1. 以前ご紹介したスケジュールアプレットと同様の処理を行うことで、
    メッセージが送られてきた時間帯による処理の振り分けを行うことができるようになります
  2. 営業時間のアプレットにSMS返信アプレットを設置
    メッセージを設定します
    ↓ 営業時間

    ↓ 営業時間外

確認してみる

  1. 設定した電話番号宛にメッセージを送ります
    設定時間によって、返ってくるメッセージが違うことを確認してください
Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail]]>
<![CDATA[funcphoneとSMSフロー(SMS受信アプレット編)]]> http://www.lancard.com/blog/2017/07/06/funcphone%E3%81%A8sms%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%EF%BC%88sms%E5%8F%97%E4%BF%A1%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E7%B7%A8%EF%BC%89/ Thu, 06 Jul 2017 17:50:14 +0900 http://www.lancard.com/blog/?p=5018 SMS受信箱


SMSで送られてきたメッセージを受信箱に保存することができるアプレットです

設定してみる

  1. アプレットをセットすると、メッセージを受信した際どのメールボックスに転送するか設定できるようになります
  2. グループを選択したらフローを保存しましょう

確認してみる

  1. スマートフォンからSMSメッセージを送信すると、送信主の電話番号とメッセージが返信されます
    相手先にメッセージの送信完了です
  2. 設定した電話番号に向けてショートメールを送ると、管理画面の指定したメールボックスにメッセージが保存されます

Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail]]>
<![CDATA[funcphoneとSMSフロー(SMS返信アプレット編)]]> http://www.lancard.com/blog/2017/07/05/funcphone%E3%81%A8sms%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%BC%EF%BC%88sms%E8%BF%94%E4%BF%A1%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E7%B7%A8%EF%BC%89/ Wed, 05 Jul 2017 17:51:32 +0900 http://www.lancard.com/blog/?p=5013
『SMS返信』はユーザから送られてきたメッセージに対して送る返信を設定するアプレットです

設定してみる

  1. 『SMS返信』アプレットを最初のフローに設定します
  2. メッセージ欄に返信文章を設定
    発信者IDをだれにするか設定すれば完了です
  3. 70文字以上入力するとSMSには文字数の制限がありますので、
    実際に送られるときには分割されて送り返されてしまいますので注意しましょう

確認してみる

  1. SMSで電話番号宛にメッセージを送ると自動で設定した文章が送り返されるようになります
    SMSメッセージを長文で設定した場合、画像の様に自動で分割してメッセージを送ってくれます
Facebooktwittergoogle_pluslinkedintumblrmail]]>